【Vott】アノテーションツールをインストールする【ディープラーニング】

スポンサーリンク

【Vott】アノテーションツールをインストールする

自分でディープラーニングのモデルを作るために学習データを準備したいときには、基本的にアノテーションツールをインストールする必要がある。

その際はVottというアノテーションツールがおすすめ。

使用する学習ライブラリの種類にもよるけれど、自分が利用しているディープラーニングの学習ライブラリはTensorflowCaffeで、どちらもVottを使って学習データを作ることが可能。

Vottをダウンロード

まずは、Vottをインストールするためにファイルをネットからダウンロードする。↓

Releases · microsoft/VoTT
Visual Object Tagging Tool: An electron app for building end to end Object Detection Models from Images and Videos. - microsoft/VoTT

npmとnodejsをインストール

ダウンロードできたら、次はVottをインストールするために、「npm」と「nodejs」というものをインストールする。

ダウンロードしたVottディレクトリ内で以下を実行する。

sudo snap install vott-2.0.0-linux.snap --dangerous
npm install

これでVottのインストールが完了!

npmとnodejsのバージョンはそれぞれ3.5.2、v8.10.0が良いようだった。
(そうでなくてもインストールはできるし使えたのでそれほど気にしなくて良いかも)

npmとnodejsのバージョンは、それぞれ以下のコマンドで確認できる。

npm -v
node -v

Vottを起動する

インストールが完了したら、Vottを起動する。

起動するには以下を実行する。

npm start

これで以下のような画面が出てきたらOK。

スポンサーリンク

エラーについて

npm list

を実行すると、以下のようなエラーが出る場合がある。

npm ERR! extraneous: braces@2.3.2 /home/User/VoTT-2.1.0/node_modules/uglifyjs-webpack-plugin/node_modules/braces

だけど、これは無視して何もしなくてもVottを起動することができた。

また、

npm install

を実行したときに、以下のようなエラーが出る場合がある。

Unsupported for node-sass@4.11.0

この場合は、以下を実行することでエラーがでなくなった。

npm install node-sass@4.12.0

こういった場合、node-sassのバージョンを4.12に上げると良いらしい。

Vottの使い方の参考

以下を参考にした。

VoTT v2.1.0 を使用して画像のアノテーション(教師データの作成)を行う - Qiita
機械学習でオブジェクト検出を行う場合、人物や猫など一般的な物体を検出したいのであれば、Amazon Rekognition や Google Cloud Vision API などのサービスを利用することで、既存の学習済みモデルを使用...

人気記事

人気記事はこちら。

CUDA、cuDNNのバージョンをターミナルで調べるコマンド
【Pytorch】テンソルを連結する方法(cat・stack)
【Pytorch】テンソルの次元を追加・削除する方法【dim】
【Protobuf】"TypeError: Descriptors cannot not be created directly."を解決する【solved】
【Python】Tensorflowをダウングレード・アップグレードするコマンド
スポンサーリンク

新着記事

新着記事はこちら。

【インド】ハイデラバードからバンガロールへ移動
Ubuntu20.04でRealSenseの環境構築を行う。realsense-rosも。コマンド。
インド工科大学ハイデラバード校を訪問。宿泊も。
【インド】Shilparamamで伝統工芸品などを見て回る。Tシャツを購入。【ハイデラバード】
【インド】ハイデラバードのショッピングモールでお土産を購入。ゲームセンターも

タイトルとURLをコピーしました